事業案内

日常生活自立支援

認知症、知的障害、精神障害がある方で、日常生活に困ってある方を対象に、福祉サービスの利用援助や日常的な金銭管理の援助を行うことにより、地域のなかで安心した生活ができるよう支援する事業です。

日常生活自立支援事業(旧名称:地域福祉権利擁護事業)


筑紫野市社会福祉協議会では、認知症、知的障害、精神障害がある方などに地域のなかで安心した生活ができるよう支援致します。お気軽にご相談ください。

soudanin.jpg

 

1.援助内容(利用できるサービス内容)

1.福祉サービスの利用援助
  • 福祉サービスの利用に関する相談や情報の提供
  • 福祉サービスの利用申込みや利用料を支払う手続き
  • 福祉サービスについて苦情解決制度を利用する手続き
2.日常的金銭管理サービス
  • 年金等の受領に必要な手続き
  • 公共料金、税金、医療費、福祉サービス利用料等を支払う手続き
  • 日常生活に必要なお金の払戻しの手続き
3.書類等預かりサービス
  • 日常的金銭管理で使用する預貯金通帳や銀行印の預かり(50万円以内の預貯金通帳に限ります。)
  • 上記以外の書類(500万円以内の定期等預貯金通帳に限ります。)

※ なお、宝石、書画、骨董品、貴金属類、鍵などはお預かりできません。


2.利用までの流れ

1.相談(お住まいの市町村社会福祉協議会へ)(利用料 無料)
2.訪問調査(専門員が訪問)(利用料 無料)
  • 専門員が訪問し、生活状況等をお聞きし、利用申込みの支援をします。
  • 本人にサービス内容を説明し利用意思を確認します。
  • 本人に希望を聞き、話し合って支援計画を作成します。
3.契約(福岡県社会福祉協議会)(利用料 無料)
  • 契約締結の手続き
  • 契約能力の確認がむずかしい場合は、契約締結審査会の開催(審査)
4支援開始(生活支援員の支援)(利用料 有料)

 

3.利用料金

  • 契約に至るまでの相談等(利用に関する相談、訪問調査)は無料です。
  • 契約後の生活支援員による援助には次の料金がかかります。
  • 生活保護を受けている人は、すべて無料になります。

サービス内容 利用料
福祉サービスの利用援助日常的金銭管理サービス 1時間あたり1,000円(1時間を越えると30分ごとに350円の加算)
書類等預かりサービス(日常的金銭管理にかかる書類) 1ヶ月あたり350円(年間4,200円)
書類等預かりサービス(上記以外の書類) 1ヶ月あたり250円(年間3,000円)