事業案内

赤い羽根共同募金


 

「赤い羽根共同募金」は戦後の混乱期の昭和22年から全国一斉に始まりました。共同募金は、社会福祉法に基づき、地域の福祉のための、募金と配分に関する計画を立て、毎年10月1日から12月31日まで運動を行う募金です。

共同募金は、県内福祉施設、福祉作業所、福祉団体・社協事業などの貴重な財源となっており、住民が自ら参加し、誰もが住み慣れた地域で安心してくらすことができるまちづくりを目指す民間の福祉活動を支援しています。

地域福祉推進のため、皆様のご理解と暖かいご協力をお願いいたします。

 

akaihane_01.jpg

 

 

■平成29年度共同募金運動 実績のお知らせ

昨年10月から12月にかけて実施いたしました「赤い羽根共同募金運動」は、社会経済情勢の非常に厳しい中、皆様の地域福祉推進に対するご理解、ご支援のおかげでたくさんの温かいご協力をいただきました。心よりお礼申し上げます。

皆様からお寄せいただきました寄付金は、地域の子育て支援や高齢者の生きがいづくり活動、また障がい者の移動や就労支援、災害時のボランティア活動などに活用させていただきます。

今後もより一層の適正な配分と使途の明示を行っていきたいと考えておりますので、皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 

平成29年度実績総額  14,894,049円

平成29年度赤い羽根共同募金内訳(平成30年1月現在)
戸別募金 法人募金 職域募金 団体募金 募金箱募金
10,299,147円 2,269,802円 414,933円 543,345円 78,299円
街頭募金 イベント募金
赤い羽根自販機
個人募金 預金利息
97,228円 295,155円 800,639円 95,500円 1円